Home

歴史背景を学ぶ

外壁塗装の歴史と変遷

外壁塗装の歴史というと現在では西洋建築に使用される塗料が多いのですが日本本来の建築物の場合は土壁を用いた住居が一般的でした。湿気の多い日本の風土に一番マッチしていたのでしょう。しかし土壁を使うには長い軒先が必要で、建てこんだ都市部の住宅地に建築された住宅での屋根や軒では難しい建築となってきてしまいました。そのため土壁を用いた建築はの代わりに現在のようなモルタルの外壁が使われるようになったのです。モルタル下地に塗装したり、サイディングに塗装するという外壁が今では多く見受けられます。塗装に用いる塗料は様々なものがあり、耐火耐水耐久性に優れているものなど高価なものとそうでないものとはかなりの違いが出てきます。

これからの塗料や塗装について

外壁塗装によって住まいは保護されるので高価なものにすれば一安心なのかというとそれだけではなく、塗装する職人の技術もまちまちなので気をつけなければなりません。塗装業を始めたばかりの新人からベテランまで腕が違うのはどんな業界でも同じです。外壁塗装は足場を組み大がかりな工事になるので素人にはわかりずらいかもしれませんが施主はしっかりと現場の作業を観ることが大事です。今後の外壁塗装としてはますます塗料の進歩が続き、より耐久性の優れた塗料での塗装が可能になってくるでしょう。わからないからと業者まかせにせず前もってカタログなどを入手し、塗料の種類などをあらかじめ勉強しておくことがオーナーとして重要でしょう。