Home

即座に修理をしよう

至急修理を行なわないと倒壊の危険性あり

雨漏りが起きた際は早急に修理しないと家が老朽化するのである。雨漏りが与える影響はカビである。家の天井から雨漏りが発生した時には屋根から少しずつ周りを湿らしてきたのである。カビが入ることで腐りやすくなり耐久性の弱い家になってしまうのである。更に症状が深刻になるのが湿度が高い所に発生するシロアリである。雨漏りで腐りかけている部分から増殖して木を食べていき最終的には家が傾いたり地震などで崩壊する恐れがある。人体にも影響が発生する、特に子供に影響がでるのが鼻炎、ぜんそく、アレルギーである。日頃から子供の風邪、病気に気をかけていても自宅の修繕を疎かにすると意味が無いのである。大人で言えば精神的に落ち着かなかったり、鬱になるケースもまれにあるので注意が必要である。

雨漏りの原因対策いついて

瓦屋根に雨漏りが多いと言われているのである。昔から日本では瓦屋根が普及しているので古くなった家も多数あるのが原因の1つと言われている。割れやすく重さもあるので隙間などに水の流れる通り道が出来るのである。新築でもまれに雨漏りすることがある、大手メーカーはそれほど失敗はないが悪徳業者やいい加減な業者も業界的に多数あるので注意が必要である。対策としては新築を立てる際に10年保障に入るのが義務付けられているので不良箇所など無料で直して頂けるのである。雨漏りが起きた際は業者を呼ぶのが一番だがお金が多額なので直せない場合は個人で修理することも可能である。ホームセンターで売っているコーキングを購入して雨漏りしている場所を探し埋める作業で何も行なわないより効果が上がるのである。